読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

隠れ家的な美術館の映画

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿

 

https://www.instagram.com/p/BTqTY9SAxdh/

美味しいし、量が多めで嬉しかった(*´ω`*)

エルミタージュの映画見てきました!

 

「女王のいた客室」観て以降、

ロマノフが気になって色々調べているけど

映画はロマノフの空気感を一番感じられたような気がする!

私はざっくりサンクトペテルブルグの空気感を感じたかっただけなので

そういう目的ならぴったりかと思います〜

時はもちろん当時ではないので

街も変わっているとは思いますが

パリじゃない感は分かります!

 

地下のワインセラーのワインを

ネヴァ川に流して川が赤くなった、

というのはパリのホテルでマイカとアレックスが再び出会ったワインセラーを思い出しました。

マイカが喜びに満ちていたのは覚えてるんだけど、

アレックスがどんなだったか覚えてないなぁ…

複雑な心地だったんだろうか?

 

どんな場所で舞踏会があったんだろう?と思いながら見ると、

少年がエルミタージュ内を歩く姿がアレックス少年がピアノを弾いた思い出と

共に思い出す夢のように豪華な光景なのかなぁと思うと切なし。

 

早回しシーン、

ネヴァ川を白いのが流れて言ってたけどあれ氷かな?

川も凍るんだなぁ!

 

ロシアは何でも大きい、

エルミタージュ前の広場も広いけれど怖さなどは感じず親しみを感じる、

みたいなこと言ってたけれど、

私は落ち着かないと思ったのでロシアらしい感情なのかもしれない、分かんないけど。

 

何であんなに四角くて平面な建物というか、

現実味のない建物なんだろう…テーマパークのような印象受ける。

あれが日常なのだからとっても不思議。

 

ところで…直射日光が絵に当たってたけどあれ映画だからなの?

この棚も芸術と言いながら素手で触ってたけどあれいいの?

なんか雰囲気が味わえるのは分かるんだけど

後世に残すための展示としてそれでいいの感はめちゃくちゃあったんですがどうなの?

ん〜私なんぞはただ講義受けてちょっと研修したくらいなので

知っていることは氷山の一角にすぎないとは思いますが

保存方法って大切なんじゃないかなぁ。

趣味で集めているグッズだって

日に焼けないようにくらいは気にしますもんね。

あんまり納得いってない部分ではあります。

 

自分が好みではないからといって

価値を認めないような発言はいかがなものかな?とは思います。

博物館というのはゴミを集めたもの、と極論を聞いたことがありまして。

価値があると思う人から見れば宝の山ですが

無価値だと思う人にとってはただのゴミでしかないわけですというのが心に残っています。

なかなかそういうのは理解されにくく訴え続けていくものだと思うわけですが

学芸員という職についていて

自分の研究分野ではなく自分の感性からしても理解できないというので

作品の価値を否定するっていうのはいかがなものだろうとは思いました。

理解出来ないことはあって当然だと思うけれども

自分の話した内容がどういう立場での発言になるのか考えた方がいいのでは?と思いました。

 

あとまぁ…とっても素直な映画なので

え、そこ包み隠さないでオープンに言っちゃうの?というナレーションが多い。

ついでに考え方と流れが意図的なものを感じるので

内容については触れかねるかなぁと。

まぁ…とっても話しづらいよね(笑)

東京ワンピースタワー-2017/05/02-

魚人島入ったくらいまでは読んで行きました。

続きを読む

LIVE ATTRACTION PHANTOM-2017/05/02-

写真とちょこっと感想です。

続きを読む

ワンピース

他作品と同じく漫画とアニメについて思ったことを付け足していくつもりです。

続きを読む

美女と野獣(実写映画)

 

 

ネタバレです。

 

 

 

 

なんだかんだ巡って最終的に京都行きたいな

(京都行ってミュージカル美女と野獣見たいな)

となる映画でした。

というのも多分アニメは一回くらいしか見てないけど

舞台は何度か見てるような人間だからかと思います。

なんかアニメファンは忠実だ〜って感動するらしいですよね?

私はディズニー作品の舞台見て1番洗練されていて最高だと思うのは美女と野獣です。

何見てもなかなか美女と野獣は超えないよね。

何だかんだ無駄のない舞台の不自由さを活かしてる舞台だと思う。

 

 なぜ最近見る映画はオマージュが多いんだろう?

流行り?

サウンド・オブ・ミュージックとか、MGMのミュージカル映画っぽいとか。

 

王子の王子時代、椅子に座ってるポーズが2次元?!

ってくらい浮世離れした美しいポーズで

なるほど!これが美か!と思いました!

 

エマベルはビジュアルで感じてたけど

おしとやかで、とかいうのは合わない感じ。

結構強い。

 

ベルはロミオとジュリエットが好きなんだなぁ…なんで?

でも吹き替えの昆さん育三郎さん的にはなるほどってなる!

舞台の美女と野獣の原作読んでる設定でもいいのでは?と思ったり。

 

3ガールズとお母さんはジャンコクトー美女と野獣のお姉さんのよう。

 

野獣とガストンの対比が明確で分かりやすいと思ったのです。

野獣と召使、ガストンとルフウ

この関係性は似ていてベルによっての変化で

お互い関係がどう変わっていくのか見られるのいい〜(´^ω^`)

なので大変ルフウがおいしいです!

召使のようにただ甘やかすだけじゃなかったというのがくっきりしてる!

 

ガストンは見た目も声も完璧でした!

暴徒の歌では赤い服も相まってアンジョルラスのよう。

マグは持ってるのにマグダンスはない(なんで!)

タップみたいなダンスが代わりです。

あれもいいけど〜マグダンス見たし。

んでディズニーはガストンは結局どうなったのか分からない。

ので私はジャンコクトーエンディングを勝手に採用してます。

きっと橋の下は温室だよ!ガストン頑張れ〜!

 

ビースト可愛いポイント其の一、

牢屋での親子抱擁を待ってる時のだしんだしん歩く一往復。

ビーストは可愛い、そんなことは常識なわけですが

実写ビーストはハイスペックビーストですよ!

私の心の中でもこれについては賛否両論です。

1つ、本が読める。

読めちゃってシェイクスピア知ってる、王子なら知ってるほうが当然かとも思えるわけですが

読めないんだ…としおらしいビーストはifの世界…1かわいいの消失です。

アーサー王に興奮しない…1かわいいの消失です。

でも読めるから話が合うとも言える。

1つ、踊れちゃう。

もう何十年も前なんだもん、忘れててもいいのに_(:3」∠)_

踊りなさーい等リードされる野獣、顔を持ち上げられる野獣とかいない。

でも引き続き王子様の素養は感じるシーンです。

アニメである雪遊びシーン、

フィリップと一緒にブルルルやる可愛さ!

Starsのオペラ座の曲聞いた時、

育三郎さんは今はラウルだろうけど

後々ファントムでも見たい声だなぁとは思っていたけれども!

あんな野獣ボイス出るとは思わなんだ!

山ちゃんに近いくらいの深みですよね、凄いなぁ!

絶対もっと声高いと思ってました〜

 

最初のナレーションはポット夫人?

 

野獣のお城はモンサンミッシェルみたいな形ですね。

魔法にかけられてる時は崩れてたりで左右非対称。

なんか西洋は線対称に作られるってイメージがある。

だから非対称だとパッとおかしいと思いますね〜

そういえば階段がオペラ座ガルニエ宮の階段みたいですね!

やっぱり映画の良さとしては空間がリアルなとこ。

西の塔やガストンと野獣の争うとこは空間がはっきりしていて

映画だなぁと思いました。

 

そういえばタンス夫人(映画では名前違ったけど)

扉開くと桟敷席、真ん中に幕があって

手前に貝殻のライトで馬蹄形劇場の感じ!オペラ座みたいな!

 

舞台の「愛せぬならば」は「何かが変わった」の前なのでビーストの感情が難しいなぁと思うんです。

映画の「何かが変わった」後、踊ってから歌う新曲の方がビーストの悲しみ分かる気はします。

 

オオカミ、ビーアワゲスト共に人恋しいシーンです。

オオカミは人サイズがいいし、ナプキンが踊っていないの寂しい、

というのは舞台好きの戯れ言ですが。

 

魔女っていると分かりやすいですし

身体を包むっていう描写がセーラームーンの変身シーン的ときめきメイクアップですね。

 

チップがすごいいい!

 

そういえば最後の魔法溶けた庭はこないだ見たベルサイユ宮殿に似てた気もする。

 

パリ、ノートルダム

 

楽しい映画でした、ので舞台が見たい!!