読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

青山学院公開講義①

かっ、雷…

え?近くない?ってことでスタバに避難です^^;

空怪しかったもんね…。

だからここで書きます。

これめっちゃ楽しみにしてたーキラキラキラキラ

激しくCATSネタバレです。

激しくCATSネタバレです。

激しくCATSネタバレです。

CATS?観たことあるし見てやってもいいよ の方のみ

スクロールお願いします。

まず行ったらメモリーが聞こえていて

人(猫役者さんであって猫でなかった)がメモリー歌ってました。

(ロイドウェーバーさんの誕生日のコンサートらしいです)

んでロイドウェーバーさんの弟さんはチェリストらしいですね。

弟さんのチェロによるメモリーの演奏聞きました。

うち他の劇団とかの公演を見て

四季をより知るっていいと思います。

んでなんか五反田の次は横浜公演です!って発表した時

その教授は最前でカメラをまわしていたらしくその映像見たの(´∀` )

ははっ岩崎ミストじゃん♪

昔もイケメンだよ

タガー誰?誰だろう?

五反田だから期待してしまうんだよね~

あとディミ誰かな~?

キャスト知りたい。

CATSは詩ありきの劇である。

(ロイドウェーバーさんはエリオットさんの詩に曲をつけている)

エリオットさんの詩はソネット(14行詩)に近いが15行あったりする(笑)

イレギュラー。

そしてとてもリズミカルな詩。

(韻というものがある。(うち韻大好き!!))

例としてミストナンバーが出されて

英語、詩の日本語訳、日本語台本の見比べ・聞き比べ

教授が英語の韻の説明で英文読むんだけど言い方がCATSなんだよね(笑)

歌ってるわけじゃないけどニュアンスがCATS。

この人絶対ロンドンCD聴き込んでるだろな

と思ったらそのCD流し出して…やっぱり~みたいな^^

イギリスの劇は人を離れて、客観的に見ているものが多いのだそうです。

宗教的。

アメリカは(教授この間CFY観に行ったらしい…)ボーイミーツガール。

これは受け取り方ですが

この方は地震によりCATSの見方が変わったそうです。

同じ作品でも新しいところが見える。

これを「新しい命」と表現されていました。しっくり。

横浜公演の記者会見の映像ちょろっと見て

敬二さん格好いいな、とかね。

猫の紹介してたんですけど…

この講義出てる人で

猫の名前・見分け出来ない人の方が少ない(笑)

(教授は最初ヴィクオンリーで見てたらしいwまぁ確かにうちも最初はタガーだけだったし)

最後に25周年カテコの映像。

ってことは…タガーが…

と思いつつ、、、

(こんな映像持ってるとか羨ましい…毎日見たいくらいな映像…ピントズレはあったけれどw)

最後まで猫、猫、猫でほわほわしてました♪

老若男女いらっしゃいました、この講義。

そして猫に会いたくなってしまう危険な講義。

CATS自体に中毒性があるんだからもう大変危険です。

本当に行きたい…横浜に。

自信なかったんだけど

次回公演地発表時の猫

岸ンボに団ディミで合っていたみたい…