読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

金曜ロードショー×劇団四季 オペラ座の怪人

~金曜ロードショー×劇団四季 オペラ座の怪人~
まだ残っていたんですね^^
(↑リンクです)
これ見られて嬉しい。


“自分の”でなく“その俳優の” 
他人のイメージに近づけるってやっぱり難しいのかな。

舞台は全身で声を出す
ささやくような距離でのやりとりを歌で表現する
明らかにエアボリュームが違う

感覚が違うそうですね。
だろうなというのは声からも感じるところですけど。
やっぱり難しいのだと知って納得。

舞台の場合は曲をニュアンスを乗せてしゃべる様に歌え
どれだけ表情をつけて、ニュアンスを乗せて、声の音色を変えて、いかにしゃべっている様に聞かせるか
(墓場のシーン)表情をほとんど乗せなくていいのでまっすぐ歌って

これ意外。
吹き替えの方がちょっとオーバーに感情を見せるイメージがあったので
墓場のシーンで違和感は感じなかったし、むしろいいなと思っていたので
凄く面白いと思います!

舞台ではファントム
聞いて納得。
時々ラウルなのにファントムを感じる時がありました。

ラウルは歌と台詞の比率は舞台とそんなに変わっていない
これ本当に?
台詞多い気がする…。

台詞って難しい。