珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

SAMURAI7-2012/04/02-

2012/04/02(月)ソワレ

青山劇場

2階A列

キャストさん

馬場 徹

中河内雅貴

磯貝龍虎

市瀬秀和

高橋広樹

住谷正樹(レイザーラモン)

加藤雅也

疋田英美

丸山敦

黒川恭佑

松本有樹純

とめ貴志

藤榮史哉

明石鉄平

塚田知紀

市川裕介

大石敦士

蟹田光国

藤井祐伍

細川晃弘

木村明弘

椎名康裕

水鳥皓太

八木菜々花

黒田恵未

吹田早哉佳

間中優子

能政 瞳・愛

中川晃教

ネタバレです。

よろしいですか?

あくまで私個人の意見です、よろしくお願いいたします。

流れでなく思いついた順です。

席が音の響く場所みたいです。

あの…凄く気になるんですけど台詞は叫ばなければいけないのですか?

ああいう方向性の方々みたいな?

それならそういうものなのだなと納得しますが

そうでないなら叫ぶ意味がわからないです。

ただでさえ早口で感情が入りやすく流れやすい場面で叫んだら何言ってるのか分からないと思うんですけどね。

あと個人的に叫ばれると気持ちを勝手に押しつけられる感じがします。

客が勝手に世界に入り込んで気持ちに同調する方が私は好きです。

開演前、幕間とパンフ読んで思ったのはストーリーに魅力があるなと思いました。

侍の世界観についても現代にも共通することについても考えさせられるものが多く面白そうです。

キュウゾウの見せ場の歌は何故かカツシロウ(笑)

カツシロウが刀ギターしてた~

カツシロウってよりばーちょんですよねw

プロボクサーとかけまして 演歌歌手とときます その心は 拳で生きています、的なの。

広樹さんの出てきた時の安心感凄いです。

まず台詞がちゃんと聞きとれますからね!

もっと演技をちゃんと見たかったけど…出番少ないですよね^^;仕方ないですが。

台詞言ってる時も見ていて面白いですが

広樹さんの役になってただそこにいる時の演技を見るのが好きです。

シチロージの遊郭でお盆を守っている姿がいいですね!

シチロージは体が大きいからか古女房という言葉に違和感ない。

ヘイハチがいいです!

舞台の人なのですね^^

掴めない印象があります。

過去を知ることで少し理解できるような気がします。

私には分かりきれませんでしたが。

キュウゾウの殺陣は中河内さんのダンスのクセを無くしている気がするので私としては惜しいです。

ああもうめっちゃ中河内さん!!というのを期待していた自分が悪いんですけどw

カツシロウの侍になるまでの苦悩は惹き付けられる場面だしもっと深く見たいなぁと。

ペルソナ(笑)

笑いが正直いらないと思います。

笑いのせいで入り込んでいた世界から引き戻されるように思うので。

ストーリーが面白いのだから普通にすればいいのにもったいないです。

カツシロウの精神とっても若い。

ウキョウ最高!!!!!!!!

ウキョウの生い立ち立場そういうものが元々考えさせられるものだけど

中川さんの演技と歌に心惹かれて作り出す世界観にいつの間にか取り込まれてしまう…。

中川さんの会場に響く歌声本当に素晴らしかった!良いね~☆

ウキョウの細かいステップ踏んでくるあたりとか良いね~☆

ルイヴィトンさんシャネルさんのくだりくらいの笑いならいいんですけどね。

もっと沢山のウキョウの表情を見てみたい!

DVD見て生で見てみたいと思っていましたが

生の力を魅せてくれて素晴らしかったです!

ありがとう!

2幕始めゴロベエどこかな?って探してしまった(笑)

いないですよねぇ当然(´-ω-`)

世界の壮大さが伝わらないのは惜しいですね。

後ろの映像見えにくい部分をアップにしているような使い方は大事な部分がよく分かり強調されて良かったです。

確かに劇には劇場の中にいる人達で空気を作り出す楽しさがあると思う。

けど叫んでくださいってどうなんでしょうね?

劇ですし、

「皆さんが叫ばれるとテンションが上がります」って

何故役者さんのテンションを上げる為に客が叫ばなきゃならないのでしょう?

役者さんの演技に感動して叫ぶなら分かりますけど。

楽しいのかもですが笑いと同じように現実に戻るのでもったいないです。

最後まで見てもやっぱり罪を背負いつつもなにかを愛して戦う侍。

そしてキララの「侍を愛します」は理解できないです。

この「侍を愛します」はキララの心なのでしたっけ?

もし女がというのなら私は違いますよ。

いくらなにかを愛していても斬ってほしくないですもん。

死んでしまったらいけないのです。

世界というものは有限ではなく無限のものであってほしいと願います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BE%8D

原作のあらすじ読んだだけでもやっぱり魅力的なお話ですね!

アニメのストーリー聞いた限りだと損なっていないように思います^^*