読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

ラヴェルとかそのへん。

ラヴェル「古風なメヌエット」を聞き比べたい。

でもその前にメヌエットとは何ぞや?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88

メヌエットと聞いて浮かぶのはこれです。

全然クラシックというか音楽詳しくないですが

昔、ファンタジーゆめで見た思い出が…。

(5:48~メヌエット、8:47~展覧会の絵

ピアノの曲を聴くこともそうないですがメロディーに注目して聞くというのもあんまりない体験です。

旋律だと思ってたけど実は旋律じゃなかったが良くあるので(笑)

メヌエットみたいなのも普段聞かないのです。

ゆったりのんびりしてて

メリーゴーランドででもかかっていそうですね。

オケバージョン。

私の好みとしてはこちらですね(笑)

ファゴットが今聞こえたんですけど温かくていいですよね~

見た目もポッキーみたいで好きです。

オケはワクワクしてしまいます。

コントラバスのピッチカートの弾く感じがいいなぁって何度か思ったけど何故だろう?

メロディーが色々な楽器で聞けますよね?

だからケーキ屋さんやチョコレート…売ってるお店ってなんていうんだろ?チョコ屋とか聞いたことないわ。

そういう綺麗で惹かれる美味しそうなものが並ぶショーウィンドウの前でソワソワしてたら

それぞれの香りが漂ってくるくらいの感じかなぁ?

そんなイメージ。

展覧会の絵

この方相当凄い気がするのですが…ピアノよく分からないので;;

何か広がりがあるというか、ピアノだと旋律が良く聞こえてきて?

シンプルで?理由は分からないですが飽きてしまうことがあります。

でもこれは面白いなぁと思います。

それにしても音が混ざらずわああんと震えますね。

勝手に思ったことですが、

美術館って行くのに緊張する(空間の緊張感など)ことあるので

緊張してる人が色々巡って見ていると

衝撃的な作品に出会ったり、安らぎの作品に出会ったりしているのかなと。

答えはここへ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B5%B5

なんか全然印象が違う。

特にピアノ(強弱の)が違う気がする~