読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

アナと雪の女王CD聞いて

思ったこと書きなぐるだけ。

思いっきり私が思ったこと書いてるだけなので

そう思ってるやつもいるんだな程度に見ていただければと思います。

【生まれてはじめて】

神田さんが声優の勉強もされてたと知る前に聞くべきだったけども…。

最初の息を吸うのが上向きでとてもテンションが高い。

息が凄く素敵なんですよね~

こういうのって舞台だとしない気がするんですけどどうでしょう^^?

語尾の上がりが気持ちの高ぶり。

広がる歌声から気品も感じられるプリンセスらしくも幼い声。

チョコ食べるのほんと上手い。

私ここが好きすぎて何度も聞きます(笑)

もぐもぐって食べている歌い方とその後のリップ音というか食べ終わりの音?

あの食べ終わりの音が良い!!

ああいうのがグサッときますよね!

だから舞台の人が吹き替えた時のような欠けている気がしないのです。

というのも偏見ですが舞台の人は身体100パーセントで表現されるから

声だけ取り出すと100パーセント伝わるというわけにはいかない気がします。

普段身体で表現している分は声に表れないというか。

声優さんは声で何もかも説明して下さるわけでそういうところが違うなぁとよく思います。

その両方があって、良いとこ取りされているような神田さんの歌い方がとても魅力的です。

松たか子さんのエルサの閉じているけど意志のはっきりした歌声。

アナが生まれてはじめて、という体験がプリンセスなら今までに無かったことがおかしいくらいのことであることや雪だるまでの寂しい気持ちからの沢山の方々と会える期待に泣ける。

エルサの両親の言葉を信じて力を隠す姿や人を傷つけることへの恐怖心、でも一日だけならと年齢には見合わない決意をさせる環境、何かが変わったらこうはならなかったんじゃないかと思ってしまう。

二人の純粋な思い、エルサの優しさにいつもグッとくる。

【とびら開けて】

涙ひっこむソングw

エビータとペロンみたいと思って以来どうしても浮かぶ。

僕も同じこと考えてた、だって…の「だって」の絶妙な言い方。

えーすけさん上手いな~というか声高く思える…これ地声だろうか?

こんなプリンス声出せるとかあの人もズルいな(笑)

サンドイッチの「僕と一緒じゃないか」が凄いイラつく声wwわざとらしいw

機械じかけのハンスがほんと苦しいほど笑えるw

ここ普通に見たら全然笑いどころじゃないはず。

あとパーカッションがライオンキングみたいな。

【れりごー】

書く気なかったけど誰でも知ってるようなこと書いとく。

最初は飛び出してきたとはいえ、気持ちは閉じていて部屋に篭っていた時と同じ。

やめようといっても力を使うことを恐る恐るしていて、歌は自分を励ましている。

使ってみて勇気づけ、2度目のれりごーのとこで今まで抑えていたものが溢れるような感情の流れ。

本当に今まで閉じ込めて閉じ込めてそればかり気にする毎日だったんだろうなぁ。

その生活からの開放はどれだけの自由だったろうと感じるような晴れやかな歌声。

一人で暮らすのが自由ってのが苦しい。