読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

黄金の糸

原作:高枝景水

豊臣秀吉(藤吉郎):山口勝平

北政所(ねね):山崎和佳奈

前田利家井上和彦

まつ:松井菜桜子

浅野長勝(浅野又右衛門):堀内賢雄

石田光成:天野ユウ

宣教師:尾形雅宏

女:市川若菜

http://projectgold.hide-yoshi.net/

↑ここに詳細と通販と動画があります。

動画の内容はドラマCD入っていないです^^*

「黄金の糸」について記す前に秀吉について思い出せることを一段落で書いています。

もう一度空白が出てくるまで一段落分飛ばしていただきますと「黄金の糸」についての感想があります。

「鳴かぬなら~」シリーズの三人なら秀吉が好きです。

秀吉で思い出したのが大河ドラマ「江」なのですが、始めから半分くらいの時期まで見ていました。

江~姫たちの戦国~ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E3%80%9C%E5%A7%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%9B%BD%E3%80%9C

秀吉は岸谷五郎さんでこの方は多才な方だなぁと思った気がします。

おねが大竹しのぶさんですよね!

あんまり詳細覚えてないけど器の大っきな人だなと思ったのは覚えてる。

岸谷さんの秀吉どうしようもないなぁと思うと、

大竹さんのおねがさらりと包み込んでくれたり、支えてくれたり…助けたりもしてたような気がする?多分。

前田利家は大出俊さんらしいのですが覚えていないのですごめんなさい;;

石田三成萩原聖人さんめっちゃ顔覚えてる!

柴犬っぽいなっていう印象がありました!

ネタバレです。

よろしいでしょうか?

漫画

まずは漫画を読んでみました!

高枝さんの読者さんの想像力素晴らしいですね~!

私にはまっさらな状態で誰なら…とは思えないと思いました。

キャストさん聞いて思い浮かぶ場所もある程度です;;

黄金の糸は赤い糸的な意味であった。

黄金が好きってことかな?

黄金の茶室は知っているけどそういう??

いやぁ~ねね殿可愛いっ!!

可愛いながらも妻として支える心構えがあるのが凄いです!

生まれからある程度道は決まっているのかなと思いますが

それを受け入れているのも素晴らしいし、

愛されるだけでなく愛する人であるのがいいなぁと思います( ^ω^ )

相手を思いやれる人は素敵ですよねっ!

あと「黄金の糸ー序ー」の最後のページ、

ねねの足先まで神経の通ったような足が美しいなと思いました!

踊る人の足先みたいです。

で、秀吉はやる時はやる男なんでしょうけど

達成後(戦後)の姿はあれど戦ってる時はないから

ありゃりゃな印象でとっても身近に感じます(笑)

悩み事ってそんなにポイポイ相談するかな?と思うんです。

悩み事を話すと、もしくは話されると自分もしくはその人がよく見える気がします。

だからちょっと恥ずかしい気がしてしまうのです、私は。

でも秀吉はそんなことないようで、すぐ言ってしまってるぽいし、

甘え上手でもあるんだなぁと思います。

悪い印象じゃなくしょうがないなぁ可愛いなぁとつい思ってしまうような人柄?

全く憎めないです(笑)

おお~ヘタレすぎる~と思えば、

グサッとくる感じの言葉をポロッとこぼしてなんて奴なんて奴と思いますw

あと手紙って怖いですね~

今の世になって回し読みですよ(笑)

秀吉も甘い言葉綴りすぎですけどもっ!

前田利家とまつは苦労人ですねぇ(笑)

頑張ってとエール送りたい気分w

前田利家はハンサムですよねイケメンじゃなく、そんな印象。

まつ好きです!

なぜ女性の方に惹かれるのだろう?

武将の妻って魅力的なのかな?(笑)

頭良さそうな感じが格好良いのです!

ねねも頭いいと思いますけど、まつのがその印象が強いです。

アフレコレポートというのは普段漫画読む時も付いていると嬉しくなります!

この黄金の糸、アフレコレポートがめっちゃ多いので楽しいです!

特に一番最初の「ツイッターすごい」は色々と凄いなと思いました!

ドラマCD

漫画の掲載順・CDの進行順に書いています。

親切とは言えない書き方だと思います、ごめんなさい。

「喋った...!」ww

ねね可愛い(笑)

やっぱり漫画読んでる時のイメージと声のイメージって違うものですよね~

で、そこが面白いですよね~

私の想像と違う、けど違和感はない、

そういった世界?声?を聞くと2通り楽しめるので良いです!

と、思った部分が「運命の出会いだったなんて......ちっとも思いやしなかった」の

「ちっとも思いやしなかった」です!

漫画で“わ~恥ずかしや~”と客観的に読んでいたところも、

声で聞くと恥ずかしいと思っている藤吉郎の気持ちから逃げられず

こっちも恥ずかしくなるっていう(笑)

「受け取り...助かる...」がどんな風に喋るものか

イメージ沸かずモヤモヤしてたんですけど聞いて納得!スッキリ!

やあああ佐吉さんっ!!

こういうキャラ好きです(笑)

「バレバレです」と冷静なツッコミせざるを得ないですよね!

秀吉には三成が必要ですね!

まつ殿ぉおおお!!

強いです。母は強し。

利家がまつに弱そうなのは魅力的ですね(笑)

藤吉郎の「あやまった!」は声で聞くとめちゃくちゃ印象的ですが

漫画だとちょろっと書いてあるだけで吹き出しではないのです。

取りこぼさずに気づけるのは有難いことです!

聞いてみると利家は思ったよりハンサム寄りでなく、人間味溢れるお方だった!

だけども皆を率いていく人って感じする!

「そういうお前は~」からの一連の会話なんか特にらしいです。

やぁああ(´∩ω∩`)ねね殿めっちゃ可愛い...

あざといですね(笑)

あ、でもその前に「ん?」という藤吉郎というかかっぺいさんの言い方が好きです。

懸想(けそう)

→異性に思いをかけること。恋い慕うこと。

私は若い頃のねねの声も可愛くて好きですけど、

北政所になった時の声はもっと好きかもです( ^ω^ )

利家の笑い、聞いてると笑えてきてしまう(笑)

めっちゃテンション高いんですけどもww

確かに自由ですねぇ~

藤吉郎は頭打ち付けすぎです(笑)

又右衛門の「...これでええな?ねね」というのいいなぁ~ほんといいなぁ~

こう慕われるの分かる声ですよね素敵っ!

利家=ヒャッホーイになりつつあるんだけども(笑)

一生の語り草にする理由が“誰かが同じ失敗をせぬように”だなんて

ねね殿半端ない(´∩ω∩`)いい子すぎて...

結局佐吉は(´・ω・`)こんなですね。

確かに秀吉周辺に詳しくない私でも楽しかったです^^*

知っていればより楽しいのだろうなと思います!