読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

クレイジー・フォー・ユー-2015/02/28-

2015/02/28(土)マチネ

四季劇場秋

座席 センター

キャストさん

ボビー・チャイルド 松島勇気

ポリー・ベーカー 岡村美南

ランク・ホーキンス 志村 要

アイリーン・ロス 大和貴恵

ベラ・ザングラー 青羽 剛

エベレット・ベーカー 松下武史

ボビーの母 中野今日子

テス 荒木美保

ユージーン・フォダー 吉賀陶馬ワイス

パトリシア・フォダー 西田有希

【男性アンサンブル】

佐久間 仁

見付祐一

布施陽由

厂原時也

脇坂真人

平田郁夫

三宅克典

南 圭祐

西尾健治

ツェザリモゼレフスキー

【女性アンサンブル】

相馬杏奈

野田彩恵子

原田美欧

長江愛実

坂本すみれ

髙田直美

稲葉菜々

相原 茜

石戸瑶子

ネタバレです。

よろしいですか?

クレイジー・フォー・ユー(以下CFY)は四季演目で初めて人間を見た演目だったな~と思い出しました。

やっとおそらく好きであろう舞台を観に行けるぞ~という時期に観に行った作品だから

趣味は観劇と言える今とは心境が全然違うなと思いました!

当時だから気づいているところ、今だから気づけるところがある事を感じます!

昔の感想読んでみたけどめっちゃ恥ずかしいんだけどww

言いたいことが私にしか分からない文章な気がするww

言ってる意味は分かるけど感動を持て余していて上手く文字になっていない感じがします(笑)

別に今が文字になっているかと言えばそうではないことは明白ですけども。。。

※以下に書く「ベース」は「ウッドベースコントラバス」のことです。

Overture

曲聞いただけで身体を動かしたくなる音楽…素敵です!

ここでベースに注目したけどベースならば「美女と野獣」のオーバチュアの方が好きな音するなぁと前も思いました。

ここだけでなくCFYはついついベースに注目して聞いてしまいます♪

青羽ザングラーは毛皮コートをツェザリさんに着せてもらって良いなと劇場出てコート着る時思いました(笑)

K-ra-zy For You

この時点では強く思っていたけれど何か新しさを感じます!

私の心境も前回公演時とは大きく違うのですがそれだけでなく

新風が吹いているような?演目が生きているような?

ストーリーは知っているのにもかかわらず新鮮味があると感じて惹かれます♪

青羽ザングラーは「どうも、どうも、どうもぉ↑」

最後の「どうも」の語尾が上がるのが特徴的ですね!

松島ボビーはザングラーに扮する際に青羽ザングラーの言い方を丁寧に真似られていました。

初めてCFYを見た2011年4月の時は目の前で繰り広げられること全てに感動していて

タップダンス!!格好良い!何が駄目なのか全然分からないよ!凄いよボビー!!と思っていて

9月の時までに永野ミストから踊りが気になって踊りに注目してはいるけど、やはりよく分からない訳です。

だから今回見てボビーが見せているダンスは楽しいけれど自分だけで盛り上がっているのだなぁと初めて思いました。

ザングラーやポリーの足を踏んでしまうことからも周りが見えていない感じがします。

青羽ザングラーは完璧というわけじゃないけれど人格者だなと思わせるものがありますよね。

ボビーやポリーに対しての行動、言動も優しさのうちといった印象です。

今まで松島ボビーしか私見ていないはずなんですけど、

今回と前回が同じ方だと思えないくらい違う気がします!

何がというのは上手く言い表せませんが素晴らしいボビーですね^^*

最後のほうで「この劇場僕のものだぁ~!」と子供みたく嬉しそうに言うとこで強く現れるように

子供らしいような憎めない一面があって愛される才がある、と思い

この間見てきたチャーリーモルデカイを思い出しました!

ザングラーをしている時はちょび髭なので尚更思いますけどね。

中野ママは銀行という正確さが求められるであろう職を取り締まるしっかり者の女性ということがよく分かります。

ボビーには口うるさいと思う存在なのでしょうが、客観的に見ると息子(ボビー)には甘いくらいです。

口を出してしまうのも息子を思ってこそ!優しいお母さんなのだなと思います。

お母さんのおつきの人が脇坂さんだなんて台詞的にも存在的にも安心感がありますよね!

落ち着いた物言いは銀行内で信頼を得ているのだろうなと思えます。

I Can't Be Bothered Now

この間シアターオーブでやっていた「雨に唄えば」の2幕頭で色とりどりの服を着た女性たちが電話をかけていました。

雰囲気が似ているなと思います。

車のボンネットから出てきた一人の女性と踊り合うとこ、

劇場では思わなかったけどメモしている現在アステアさんのシーンみたいだなと思いました!

Bidin' My Time

前回蛇をいじってた人はもっと生気がなかったので

今回の方は生きているけど暇そうくらいの印象です。

ロープを気だるそうに弾くムース

新テニの入江みたいなくるふわパーマで可愛くて若い人が2階にいる~!

と思ってたら三宅ピートでびっくりしました!(笑)

ピート凄く可愛い!!

エベレットが何度も同じ話してるのを傍らで聞くポリーというのがジェリロを彷彿とさせます。

というか岡村ポリーめちゃくちゃ可愛い!!

Things Are Looking Up

突然の出会いに笑うww

分かっていても面白いですね、間が絶妙です(笑)

Could You Use Me?

岡村ポリーのCDと比べて低い声から可愛くて意志が強い印象を受けます。

仕草は男らしいけどポリーの可愛らしさは消せやしないですよね!

Shall We Dance?

ランクのカフェから出てきて入口の柱の根本に足揃えて腕一本で支えてるポーズ、

あれ雨に唄えばみたいだなと思いました!(↓リンクです)

http://youtu.be/D1ZYhVpdXbQ

ボビーが明るいからか雨に唄えばより明るい印象あります!

Girls Enter Nevada

帰らないでというデッドロックの男性たち。

帰りたくないわというフォーリーズ。

CDより男性の歌声が厚く聞こえたので思いが強そうに聞こえました!

やっぱり都会に住むと郊外(自然)を求めるものなのだなぁと思います。

厂原ビルはフォーリーズにぶつかりに行ったりと大忙しです!w

ムースが自分の匂いを確かめるために

腕を挙げて脇の下のあたりで手を扇いで嗅ぐのがベースを弾く手の形。

匂い嗅いでしばらく考えて「にへらっ」と笑うのが印象的(笑)

何もしないでいれば結構癒し顔なのにw

なんか佐久間ムースはコアラみたいですね。

あの表情と、匂いを嗅ぐ仕草と、ゆったりとした動きから佐久間ムースのイメージがコアラです(笑)

めっちゃ木の上で寝ていそうだなと思いますw

女性の手にキスするツェザリハリーは身に沁みたジェントルが香りだす感じで!

急にやってあれが出来るなら大変なことですよ!

遺伝子にジェントルが組み込まれてるんですかね?

Someone To Watch Over Me

曲の最後に残る低音のつっかかるような感じ凄く凄く好き!

なんの楽器でしょう?

バリトンサックス?と思ったけど

コントラバスクラリネットコントラバスのアルコ(弓で弾く)と言われてもそうか~!ってなる。

西尾ワイアットは西部劇でもチラ見せしていただいたように元々動ける上、物覚えがいいのでしょうね!

「開いて閉じて~」の振り、結構余裕ありました。

対して隣にいた厂原ビルはちゃんと合っているのですけど自信がないのかオドオドしつつ踊ってます。

Slap That Bass

ベースのピッチカートを「ズム、ズム」という表すの嬉しいですよね!

例えば合奏で「そこはもっとズム、ズムして欲しいんだよ!」と言われたら嬉しいから頑張る(笑)

そういうふうに言っていただけると嬉しい音の響きの表現です!

ベースが舞台にあるとどうしてもベースが見たくなるからSlapThatBassはいつもムースを見てしまう(笑)

何度見てもムースしか見ていない気分になります~

でも多分実際ムースめっちゃ見てますけれど。

ベース自体が可愛さと格好良さを併せ持った楽器なので

人間の横に添えるだけで素敵に見える効果があるなぁと思います~!

そういえばコントラバスの形は女性らしいとか何とか昔よく見ていたサイトで見た気がするので

女性をベースにするという発想は考えてみるとそのまんまだなとか思った…のですが、

思いきり間違えていたようですww

以下リンクサイトの「女性的」の部分を間違えて覚えていたんですね(笑)

http://www.kanzaki.com/bass/bass-lecture.html

前見た時はわぁ~!コントラバスだぁ~!と喜んでたら、

いきなりコントラバス頭の上に持ち上げられて、

もう一気に血の気が引いたのを思い出します(笑)

楽器にもしものことがあったらと思うと動揺が半端無かったのは

当時だからこその慌てっぷりなんだろうなぁなどと。

それにしてもムースはピッチカートで指板に当たるくらいバチンバチン弾いててめっちゃ格好良いですね!

エレキベースならこんなですよね。

ベースから急にキビキビなムース!

水を得た魚って感じです( `•ω•´ )

そしてあのピッチカートやってみたい(*´×`*)

佐久間ムースのピッチカート聞いて、このピッチカート思い出しました!

ベースの肩を手で叩いて音を出すのも(↓肩を叩く例:Bass, bass, bass, bass, bass & bass)

楽器自体をくるくると回すのも(↓回す例:Béret, Beurre Corninchons 01:09)

2幕頭のコロコロ付きエンドピンで歩くのもやってみたい!

ウッドベース スラップ」で見つけたんですがピッチカートも奥が深いですね!

格好良い~~!

Embraceable You

Tonight's The Night

男性のパートが舞台はよく聞こえてきます。

I Got Rhythm

ピートの落とす雛菊の鉢植えから一本抜きとるワイアット、

これがコンタクトみたいだなと思いました。

ザングラー扮するボビーの目の前にランクの銃があるのや

ザングラーとボビーが実際にパン食べるとか。

ノコギリで音出すムース

ムースはナンバー終わり、ノコギリを弓のように動かしてバイオリン風に弾いてる。

脇坂カスタスのパエリアパン踏み、凄い好き!!

ただダンスが格好良いとかだけじゃなくてハマっているなぁと思いました!

さっきやっとタップ講座の動画見ました^^*

04:02から流れでタップ見られますけれど04:12のやつ格好良いなぁ~!

04:17とかの足踏み出すのも脇坂さん素敵すぎて音楽聞くと思い出せます!

あ~この動画本当に格好良いですね( p_q)

でも舞台は「フォゥ!」など掛け声込みですし、テンションが違いますよね~

だからこの動画の何倍も魅力的だと思います!

厂原ビリーは金を採掘するんですね。

トタンにぶつかる西尾ワイアットと厂原ビルは「Make Em Laugh」のコズモみたいです。

とっても私事なんですけども

初見時C席で見ていまして全国公演のC席から見えるのは米粒くらいのキャストさん、

私はオペラグラス使わないのでそのままその光景を見ていたわけです。

つまり結構遠かったと言いたいのですけどその距離などものともせず作品の楽しさが伝わって

このナンバーだけで3000円の価値があると当時の自分は言っています♪

そして今思い出してもあの感動に3000円じゃ安いくらいだと思えます^^*

それくらいI Got Rhythmは楽しくて仕方ないナンバーということと

観劇をするというのを夢見続けて実際出来る状況になって観に行き、

1公演1公演がキラキラしていてかけがえのない瞬間の集まりだと思っていた、

その、初めてだからこその感動?そういうのを思い出します!

今だって一瞬一瞬を忘れたくないと思うほど舞台好きですけど

あのキラキラした気持ちは忘れたくないなと思います!

ツェザリハリーが後ろで熱く“エア空気入れ”してる姿とても目立ちます(笑)

脇坂カスタスとツェザリハリーは2大「フォゥ!」ですよね!

お2人めっちゃ聞こえるもの!

The Real American Folk Song

What Causes That?

比べると松島さんの腕指は明るいのだなと思えます。

Naughty Baby

踊る大紐育」のPrehistoric Manみたいだなと思いました!(↓リンクです)

http://youtu.be/urXu1Z1g61M

アイリーンの後ろにいる男性達が面白いですww

Stiff Upper Lip

CDの「負けたってことだよなぁ、言わせてもらえば」脇坂カスタス?

ここの下手袖で踊る西尾さんの手足の可動域が広すぎてヤバいと思いました!

夫妻はイギリスから来たからあの音楽で踊るのでしょうか?

They Can't Take That Away From Me

But Not For Me

Nice Work If You Can Get It

最初の方、Shall We Dance?でポリーと踊ったダンスを一人踊り、

ポリーがいるはずの方向を見てそうだポリーはいないんだ…と気づくというの分かりやすかったです。

ショーをしないと会議で決まり、デッドロックを出てきてニューヨークに戻ってきたけれど

ふとした時にポリーを思い出して忘れられないと分かるなぁと思いました!

これも前回公演の時には気づけなかった部分です。

ここでだったと思うけどジーンケリーがよくしているイメージのある

内側内側に歩むように足を前に出しつつ、手を腰あたりでぴらぴら動かすやつ、

あれを女性ダンサーがしていたような気がします。

雨に唄えば」のMoses supposesのここ(↓リンクです)

http://youtu.be/tciT9bmCMq8

French Bidin'

ツェザリハリーといえばランクのカフェのバタン扉から頭だけ見えてるの可愛いですよね!

Finale

今見てみるとフィナーレは似てるかもと思いました。(↓リンクです)

http://youtu.be/3rIwWsojHjc

びっくりしたけれどテスもランクも書いていない!!

テスはしっかり者で常識があるし、優しいし、偏見がない感じがして素敵です!

荒木テスはというと皆を率いていてお姉さんらしく頼りになるといった印象が強いのですけど

たまに立場を取り払って素のテスが見える時があってそれが凄く可愛らしい!

ザングラーの趣味いいですよね~!流石!

今まで見たランクも全部志村さんなはず!

絶妙な存在感でいて下さると嬉しいです♪

カテコのランクが正面だったのですが可愛かったです^^*

高田さんの赤いドレスに眼鏡という知的美女具合がとっても素敵だと思います。

ボビーが惚れ込むニューヨーク

https://www.shiki.jp/applause/cfy/special/newyork/

グランド・セントラル駅

マダガスカルに出てくるあの駅のことなんですね!理解!

フォーリーズの衣装がアール・デコ調とありましたが、最近プラハアール・デコ見てきました!

衣装に反映させるとああいう風になるのですね^^*