読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

ウィキッド−2016/10/05−

ウィキッド

2016/10/05(水)マチネ

北海道四季劇場

キャストさん

グリンダ苫田亜沙子

エルファバ岡本瑞恵

ネッサローズ吉良淑乃

マダム・モリブル西田有希

フィエロ飯村和也

ボック伊藤綾祐

ディラモンド教授百々義則

オズの魔法使い勅使瓦武志

【男性アンサンブル】

大黒智也

伊藤 源

佐野隼平

松尾 篤

二村誠俊

白倉一成

品川芳晃

光山優哉

田川雄理

【女性アンサンブル】

引木 愛

織田なつ美

あべゆき

林 香純

大岡 紋

簱本千都

石野寛子

梅澤紗耶

増山美保

ネタバレです。

 

 

 

よろしいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回遠征したウィキは名古屋。

その時は永野さんが初演に出演されていた演目、どんな役だったのかなぁ?と見に行ったので

物語で泣き、3枠(オリジナルの方)を見られない悲しみで余計泣いたのを覚えています。

今回は永野フィエロがどうしても見たい!と思ってチケ取ったんですけどキャス変でしたー

永野フィエロも夢のようだが、永野さんと勅使瓦オズが見られる公演も夢のままです。

いつか観たいけどなぁー

 

 

 

 

 

 

さっき上で言ったけど北海道の劇場羨ましいくらい絶妙な大きさですよね!

キャッツもとってもちょうどいい大きさだなと思ったし

一階だけってのがいいなぁ!

東京は色々恵まれてると思うけど席数多いなぁとはよく思うのです。

ウィキのセットも海で見るより大きさが合ってると思いました。

多分名古屋より札幌の方が横幅が狭いからそれも舞台が近しく感じて素敵!

 

 

素の格好良さが反映されるというのを言いたかったのです。

観劇後のテンションは無駄にいぇーーーー!!です。

 

 

より役が馴染まれたのか歌もするりと説得力を増してらっしゃって

単純に聞いて気持ちよかったのです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京でも人の様子うかがって生きるさまあったと思うけど

札幌は東京より強くなってる気はしました。

ウィキッド-2014/08/06-

http://ameblo.jp/426369213049125/entry-11905884654.html

 

 

この写真ほんとイケメンってすごいを実感します。

永野フィエロは感動をおさめることが難しい(笑)

別に永野フィエロに限らないけど

2幕のフィエロの衣装って顔色悪く見える気がする。顔白く見える気がするんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ東京の笑う感じに慣れてたのでシーンとした空気がほんと面白くて

今思い出しても面白い(笑)

 

 

 

するっと歌われててそれも素敵でした!

足が長いから持て余してらっしゃるの、足を!

 

 

3枠佐野隼平さんだそうで!

まさかの超知ってる方!!

体系が龍澤さんに似てらしてこんな感じの体系の方も3枠されるんだなぁ!

永野さんとは違う感じに色気がある踊りされてて素敵!体格は武器ですよね(人生踊り明かし時)

佐野ヤングオズの瓶の振り方やリードの強さ

ぐいぐいとしてて好きです^^触り方もじっくり確かめるように触るような感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「君だけを愛しているよ」

「…沈黙という進化が進んでいる。…」

「陛下がお待ちです!」

「水ですか?」

白倉さんの声も歌声も何度聞いても美しくて綺麗だなぁと思います。

CDもいい声だなぁと思うのです。

 

 

西田モリブルがすごいなぁと思うのはここのタイミングで聞きたいなぁ、こんなニュアンスで聞きたいなぁと思う感じのまま聞けるところ。

私のイメージと西田モリブルは似ているんだと思います。

あそこまで一緒なのは結構すごいことかなぁと。

 

 

 

伊藤ボック 岡本エルフィー 吉良ネッサ

ドラゴンヘッド真上の席でした。

上手と下手に操る方いるんですね!

今までチス側の人には気づいてたんですけれどもね;;

チステリーが近い!

 

オズの皆さん緑じゃないんだなぁと(身分に差もありそうだけれど)思うグッドニュース。

グリンダは「消えていく」って言うよね。

白倉エルパパの声は何度聞いてもいい声ですね

ヤングオズの触り方がゆったりしてて即物的に感じて良かったです〜

今までになくゆったりに優雅に見えるヤングオズだった。

苫田グリンダのグッドニュースは一人苦しみつつも

約束の通り、皆に愛される良い魔女であろうとする姿。

こないだ映画の4DXはシャボン玉出たりすると聞いて。

ウィキッドも出るじゃん!と思った!

3枠さん、千歳(テニスの王子様のキャラクター)みたいな感じのウェーブ

才気渙発の極み使えそう

ソックスの丈や装着物が違うかな?

エルファバは左右対称かな?

岡本エルフィー超美人ですね!

ソフィやジャスミン可愛いけれど

エルフィーは低音が存分に聞けてすごくハマってらっしゃるなぁと感じる!

歌詞に合わせた仕草が岡村エルフィー、雅原エルフィーより少ないかなと思いました。

シズ大学の最初の時点で生まれつき緑色と言う時、またかと思いつつ傷つきながら強く起こっているように思えた。

とっても純粋な存在に思えた。

雅原エルフィーが同じシーンでかなり今まで嫌な目にあってきて過剰反応して言いすぎてしまう度合いが高く見えるのに比べて

岡本エルフィーは傷ついている様が強く見える。

「何貰っても似合わない」というけど

多分お父さんに貰ったことがないんだろうなぁ。

エルパパあげてよ〜って毎度思ってしまう。

だからグリンダのプレゼントがあんなに嬉しいのだろうなぁ

象徴になってしまうほど大切に帽子やマントつけてるんだろうなぁ。

私は見逃しちゃったんだけど吉良ネッサはエルファバが褒められて嬉しそうだったとか!

めっちゃいい子だな〜今まではなんとなく快く思ってないように見えたので印象変わりますね。

シズ大学並行する時の3枠さんピュアさを感じました

嫌いそうなのは分かるんだけど

気が合わないからの延長かなって感じ

百々ディラモンド先生超好き!

ハリーも好きだけどそれ以上に好きかも^^*

ふんわりした声だけどはっきりしないと聞こえないからすごく合うのかも!

フィエロ役者さんの中で飯村さんは一番背が高いのかな?

車に乗ってくる時すごく余裕たっぷりでいいなぁと思ったし

立った時のスタイルの美しさが際立ちますね!

 

最悪な帽子話の背景にいる光山さんの目の引きよう。

やっぱり相変わらずめちゃくちゃ伊藤ボックはグリンダ好きだよねぇ

分り易すぎる矢印も気づかないネッサはお父さんが影響してるのかなぁって思った。

お母さんがいたらもう少し違う愛も知れたと思うんですよね

お父さんはお母さん一直線に好きな方だし、エルファバにはあの態度でネッサを一直線に愛す人だったから

広く世界を見れなかったのだろうなぁ。

でもお父さんが悪い人には思えないし、悪いように作用してしまったのかもと思うよね

伊藤ボックの君は素敵な人と慰めじゃなく言うのは可哀想という気持ちからではないし

「行こう」と誘う声色が超男で格好いいっていつも思う!

ほんと格好いい(><。)

「踊ろう」なんて毎度わぁあああああってなるくらいイケメン!

ウィキ見るたび言うけどほんとイケメンだよボックは!

フィエロの「君のせいじゃないんだろう?」は誰にも寄り添わない感じがするよなぁって。

優しいようで心無いんじゃないかとも感じる。

かといって冷たいわけではないんですよね。

優しい人ってのはそういう側面ある気がする。

「この子が引っ掻いたのね」

「そう…かも…」

のわあああああってなる甘酸っぱい瞬間は耐えられないくらいそわそわってするよね

岡本エルフィーのピュアさ光るもの。

いやぁどうしても見ていないのだから

永野フィエロとは?という疑問が解けないのです。

飯村フィエロは繊細に「頑張れよ!」までを体現されてると思うんですよね

永野フィエロはどうなの?こんな気持ちになるの?