読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

新春浅草歌舞伎 第二部-2017/01/04-

歌舞伎

2017/01/04(水)15:00~

浅草公会堂

 

 

キャストさん

お年玉〈年始ご挨拶〉

中村壱太郎

  

双蝶々曲輪日記

一、角力場(すもうば)

 放駒長吉
山崎屋与五郎
藤屋吾妻
濡髪長五郎

尾上 松也
中村 隼人
中村 梅丸
中村 錦之助

 

 

四世鶴屋南北

二、御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)

 白井権八
幡随院長兵衛
中村 隼人
中村 錦之助

 

 

岡村柿紅 作

三、棒しばり(ぼうしばり)

 次郎冠者
曽根松兵衛
太郎冠者

尾上 松也
中村 隼人
坂東 巳之助


 

 

 

ネタバレです。

よろしいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ観劇してんのに書かないつもりだよとは自分へ。

とはいえ書けないだろうとは思ってたんですけれども思わぬことも起きるんだなぁ。

 

新年明けての歌舞伎は雰囲気もあいまって空気感が絶妙にマッチしますよね!

うちは好き^^*

以前国立劇場で新春の公演見たんですけど

あの雰囲気もいいけれど浅草という町がそもそ魅力のある町だからより楽しいですよね!

銀座も楽しいお店多いけれど一つ一つ洗練されてるのに比べ、浅草はいろいろごちゃ混ぜだけど新旧含んでこそみたいなとこもあり、下町らしい空気が落ち着くといいますか。

単に馴染み深いといいますか。

とりあえずぐるぐる周辺回ってみてるので気になるとこ一つ一つ見ていこうっかなー♪

 

 

 


 歌舞伎の好きなとこの一つにああ綺麗なお着物だなぁとか、

髪飾りのべっ甲の大きさ凄いなぁとか、

襖のお花が気になるなぁとか思える本物に溢れた舞台ってのもある、

と言ったら掛け軸の貼り方の美しさとか、

台座の蒔絵とか気づかなかった点を教えてもらってさらに楽しい!!
 byこいつぁ春から

 

 

 

 

 

お年玉〈年始ご挨拶〉

中村壱太郎

今日壱太郎さんの挨拶で今日が仕事初めの方も多いとお話されてまして。

確かに世間的にはそうだけど、

うちも新春浅草歌舞伎の皆様も2日始まりだ〜と思うと地味嬉しかったです(笑)

 

1階席舞台後方に気づいたらいらっしゃって、

少し遅れて席に着こうとする方にどうぞどうぞまだ始まってませんからね、と

優しくお声掛けされてたけれどあれは緊張の極みでしか!(笑)

歌舞伎のこと何でも質問ある方いらっしゃいますか?と問われたけど手上がらず

いらっしゃいませんねとさらりと言われて

パンフ(これはパンフレットなんですね!)、イヤホンガイド、出演者の2月公演と、

壱太郎さんご自身がお年玉ご挨拶後、歌舞伎座松浦の太鼓にご出演されること宣伝されてました。

浅草第二部終演後、銀座線の中で公演噛みしめていただきまして、

浅草から乗って銀座で降りていただきますと歌舞伎座がございます。

歌舞伎座には一幕だけ見る幕見席というものがございます、

そういたしますと?終演後に向かえば幕見に間にあいます!と笑い取りつつ宣伝されてました!

公演の宣伝はチラシを出して説明されてたのだけど、

懐に福岡の2月公演、多分右袖に大阪の2月公演、左袖に歌舞伎座のチラシを仕込まれてて

壱太郎冠者は準備がいいなぁと思いました(あの取り出す様を見るのも楽しかったです!)

さっと舞台跳びのって

「見慣れない風景(客席に立つ)で緊張していたんですけれどもやっと(舞台の上に立って)落ち着きました」

というようなことをサラリと仰っていて、何でもなく見えるのになぁ口のまわり具合凄いなぁ!と思うのでした。

 

 

双蝶々曲輪日記

一、角力場(すもうば)

 放駒長吉
山崎屋与五郎
藤屋吾妻
濡髪長五郎

尾上 松也
中村 隼人
中村 梅丸
中村 錦之助

 

与五郎の褒められたら嬉しいー

衣装着れたら嬉しいー

これあこれあげましょ!という気持ちはわかるんですよね~

自分自身好きだなぁと思っているのは自分だから知ってるわけです。

自分じゃない誰かに良いって言ってもらうって格別な心地あるよね?

私は嬉しいって常日頃思うもの^^*

あの身の回りのものあげるときの、手をまっすぐ伸ばしてもの持ってる手首先だけ重みで下がってるみたいな感じなのかわいい。

 

 

 

 

 


四世鶴屋南北

二、御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)

 白井権八
幡随院長兵衛
中村 隼人
中村 錦之助

 

 

 

 

 

 

 

 

岡村柿紅 作

三、棒しばり(ぼうしばり)

 次郎冠者
曽根松兵衛
太郎冠者

尾上 松也
中村 隼人
坂東 巳之助

棒しばりまじ好きなやつだーーーー!

とりあえず家帰って録画した棒しばり見ますね!!

ああああこれ好きだな〜(´∩ω∩`)
と言ってその日には見なかったという(笑)
余韻で生きられるくらいの影響だった!
 

演ずる役者さんで面白さ変わるってのもうっすら感じた!

あざとかわいい太郎冠者(優等生風)天然かわいい次郎冠者(しっかり風)かわいい!

へべれけかわいい!

これやっぱりエネルギッシュに動ける若いうちに沢山見られるのも幸せなんじゃないですかね?

かわいいの共通とかあるんです〜
でも何より1番のスパイスは若さだと思うんですよね!
これ40,50代のお二人でたとえ見ても
高校生のように仲が良いなぁと思うと思うんですが
(40,50代なのに)高校生のように (若いなぁ)みたくなると思うんです。
でも今私が見てる棒しばりは実際若いから若くて高校生のように仲が良い、そのまんまです!
だから貴重ですよねっていう!
その時にしか見えないものを見ている感がすごいんです!

貴重ですよね!

 

客席に背を向けて、つま先だけで床をトコトコトンっと控えめ控えめにしてみせる様、

グっと引き寄せられちゃう引力があります。

美しいような可愛いようなあざといような緩かなぁ。

 

次郎冠者(大名には棒の稽古してるって言ってないのになんで知られてるんだろ??)

       「もしや太郎冠者言ったな?!」

太郎冠者「言っちゃった!言っちゃった〜!」みたいな内容のシーン、

太郎冠者の肯定の素直さがめちゃくちゃ可愛い!

 

足音がしないサイレントな抜き足差し足で、

足を上げたつま先までスッと神経が行き届いてる様!

床につま先からひたりひたりと足をつけるのだけど、

つま先から指の付け根までをひたりとつけて、

付け根から足全体をすとんと落とす2段階踏んでて、

軽やかにリズミカルに行われる巳之助太郎冠者素敵!

 

次郎冠者捕まえて喜んでたら自分も信用されてなくて縛られてしまい、

納得いかないなぁと顔膨らませてんの、ほんとかわいい太郎冠者!

次郎冠者が酒の肴に、と踊っても肴より酒ともぐもぐ飲んだくれて

早々にヘロヘロしてるのが妙に子供っぽくてほんとかわいい太郎冠者!

 

巳之助太郎冠者の口が菱形で( ´◇`)みたいでかわいい。

 

 

 

 

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
















 

 

 

 

 

 

 

 

下町の雑多さは安心するる。

りんごさん(@sannkaku)が投稿した写真 -

 

#振り返れば #ジャラジャラが聞こえる高鳴り #まぁ何より近いよね笑

りんごさん(@sannkaku)が投稿した写真 -

 

浅草公会堂でやんす #鼓童以来二度目

りんごさん(@sannkaku)が投稿した写真 -

写真はインスタにあるのでご興味あれば飛んでみてください。