珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

CATS-2019/10/25-

 2019年10月25日(夜)公演  

キャッツ・シアター(東京 大井町

 

10/9と同じ席

 

キャストさん

グリザベラ 織笠里佳子

ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀

ジェニエニドッツ 安宅小百合

ランペルティーザ 山中由貴

ディミータ 松山育恵

ボンバルリーナ 相原 萌

シラバブ 三代川柚姫

タントミール 間辺朋美

ジェミマ 円野つくし

ヴィクトリア 引木 愛

カッサンドラ 藤岡あや

オールドデュトロノミー 橋元聖地

アスパラガス=グロールタイガー/ バストファージョーンズ 正木棟馬

マンカストラップ 渡久山 慶

ラム・タム・タガー 大森瑞樹

ミストフェリーズ 押田 柊

マンゴジェリー 玉井晴章

スキンブルシャンクス 田邊祐真

コリコパット 横井 漱

ランパスキャット 分部惇平

カーバケッティ 大山五十和

ギルバート 高野佳基

マキャヴィティ 荒木啓佑

タンブルブルータス ツェザリモゼレフスキー

 

 

 

 

以下感想です。

 

せっかく行ける場所でイベントやるから~と思って行ってみました!

日曜日にイベントって珍しいですよね~

本当は消防のイベントも行きたい…あれ気になる…

と言いつつキャッツなら何でも気になるが本音です(笑)

www.shiki.jp

点灯式見て思うけど大森という駅も近いし、

大森さん大井町に劇場があるうちにイベントで見てみたいなぁなどと(笑)

消防士めっちゃ似合いそうだなとは正直思っていますw

でもキャッツは消防士似合う方多そうですけれども!

 

 

 

 

CATS私何回見てるのかって感じなのに

毎回想像を超えて感動するの本当に凄いと思う!

ボール▽震えるほど熱かった…!

帰り道、初めてCATSを見た時に

「これ(観劇)は一生の趣味だ!」と思った気持ちを思い出しました( * ॑꒳ ॑*)

ファイナルの発表あったからかな?

なるべく趣味として見続けていけるよう努力していきたいなと思います。

 


安宅さんご自身の印象が元気溌剌なので

タップ踏んでるパワフルな姿がとても似合ってらっしゃるなと思います(  ^ω^  )

キャッツの中で言葉が気になってしまう台詞のひとつ

「ジェリクル お掃除爪の間」これつい聞いてしまうよね!

視野広く色々なとこ見たいのについ見ちゃう(笑)


山中ランペ、何しても可愛いというのがずっと変わらず

ひと仕草ひと言に可愛いが詰まってる( * ॑꒳ ॑*)

でもその可愛いにはいたづらさも加わってて

タガーのキスにパタンと倒れちゃうノリの良さもかわいい(笑)

玉井マンゴと山中ランペだとちょうど釣り合いが取れてる二人って感じする(  ^ω^  )

どちらかがお兄さん、お姉さんというわけじゃなくお互いにカバーし合い

コンビネーションで1人じゃ出来ないことも成し遂げられちゃう2人って感じ。

ナンバー以外でもソングかな?ペアで踊ってるの、格好良くて好きです(*´ω`*)

 

松山ディミ、歌声がハンサムすぎてめちゃくちゃ好きです格好良い(´ฅωฅ`)


ボンゴキ、レンジ上のジェニエニの呼びかけにピシッと身体正して

気をつけ!じっとジェニエニのすることを見つめて真似するのめちゃくちゃ優等生!


ミストが赤布出した缶に仕掛けがないことを

あれ?おかしいな?とずっっと確認してる円野ジェミマかわいい〜


下手はあんまカッサ来ない印象です。
ボールでランパスを跨ぐ時は近いけれど

顔は上手側を向いているからあんまり見てる感じしないです。

カッサ推しなら上手なのだろうか??


2幕始め出てきたデュト様に大きな反応がなかったからか

周囲結構スマホ使ってるところ見られてしまうの

なんとなくデュト様いるよと伝えたくなる気持ち生まれる。

 

正木ガス初見(広島かな?)から素敵だなぁという印象だったんだけど

ひとつひとつ何回も見ているのにハッとすることが見ていて多いと思います!

原作はあるけれどガスに出会うのは観劇した時だけ。

観ていく中で予想されてしまう部分がどうしてもあるのに

毎度新鮮な気づきがあるというのは演じられている姿に

嘘がないのだろうなと思います。


今回ファミミュの印象のある方が多いなと今さっき気づきました。

渡久山さんアラジンとかJCSとか結構男くさいくらいの役されてるの知ってるんだけど

どうしても王ロバの床屋、マジョリンのダビットの爽やかな姿の印象が強くて

渡久山ンカスのコミカルな姿、表情見ると

本当に同じ方なのだろうかと疑ってしまいます(笑)

「色々な生き方の猫をお目にかけよう」と

ミストに振り自分で固められてしまうときの表情w

マンカスみんな凄い目を見開いて止まるなぁと思うけど

渡久山ンカスも悪意ある一時停止と思えなくもない止められ方されてますよね(笑)

でも一瞬で状況理解して何事もなかったかのように

おばさん猫紹介し出すのは普段もよくされてるからなんだろうか??



ボールのタガーパート、へええこんなふうに歌ってるんだ!!と思うほど

主旋律と違うのが聞こえるの嬉しいです!

どこか遠くを眺めたまま下手滑り台横にもたれてネーミングするの

大変絵になるのでポストカードにしてほしいくらいです。

二幕メモリー前、グリザベラをじっと見つめて背を向けるタガー。

見つめる時間が長く感じられたからタガーが

グリザをどう思っているのか気になります。

 
握手、横リコでした!
握手エリアの人数多くて大変なのに丁寧かつスピーディーで素敵ですよね!


こないだ見かけたこのツイートに影響を受けて見てみました( * ॑꒳ ॑*)

スナック食べてみたり、バグパイプ吹いてみたり…タガー可愛すぎじゃない?

 

大山カーバ色々好きなポイントあるけど表情が好きすぎる〜

笑っても朗らかでいいし、いたづらっぽいのもお茶目だし、

マナーを教えるのも紳士かつちょっとうるさそうなとこがまた良い!


ボールでタガーと高野ギルが踊り合うとこ、

前回気になってやっぱり今回も美しかったです!

ギルゴキのタップが心底楽しそうで身体がリズムと共に弾んでいるの

すごく明るくなる…!

 

荒木マキャ、仕草も踊りも表情も見れば見るほど紳士でハンサム極めてる…!

問答無用に格好良いから名前がマキャヴィティというの何でだろうね?

と思えるくらい!

 

多分この日の席の一番のポイントはグリザベラがシラバブへ伸ばした後、

落胆の表情で手を引こうとしたところを優しくシラバブが手を取り

驚く表情のグリザが正面で見られることかもしれません!

シラバブの迷いのない純粋な触れ合い、表情もよく見えます。

大体の場面を横から見ていることになり、

レンジからタイヤまでよく見えない席ではありますが

貴重な光景が見られるからリピーターには良い席だなぁと思います!

 

もうほんとこの席で大森タガーと大山カーバ見られたらいいなと!

それは思っていたのでもうほんと有難い(´ฅωฅ`)

ものすごい好きな光景が怒涛の攻めすぎる有難い(´ฅωฅ`)

今日の下手席を選んだ理由がソングのタガーとカーバを目の前で見てみたい!

ごあいさつのカーバ見てみたい!でした( ^ω^ )

大森タガーは緩急はあれど力強く、特に手足から力ほとばしるよう。

大山カーバは身体めいっぱい開き発散して手先指先鋭く爪を食い込ませるかのよう。

同時に見てるの贅沢〜

 

分部ランパスと相原ボンめっちゃ…!

ほんとめっちゃお似合いすぎる_(:3」∠)_

見た目も踊りも雰囲気もとてもとても素敵…!

分部ランパスはシャープな印象と柔らかい踊り、

相原ボンも格好良い振りが似合い、ゆったりと柔らかく動く仕草が印象的。

何かこう凄くかみ合ってると感じて好きです!

 

ミスボン、ふらりと何かに誘われるようにどこか遠くを見て歩み出てくる相原ボン。

鋭く突然に暗闇を切り裂いて飛び出してきたミスト。

素早く見合ってせめぎ合い、拮抗した状態が保たれ、

熱量を共有しているような均衡がスッと生まれる。

時空が歪むような不思議な時間。

 

押田ミストのデビュー日でした!おめでとうございます!

めちゃくちゃハマってると感じます⸜(*ˊᗜˋ*)⸝

ミストナンバー、

デュト様の元へ跳んでいく跳び方やセンターでの右手下げて左手下げて〜の動きが

バレエなのかな?見たことない感じで素敵でした!

ナンバーだけじゃなくクールなしっかり者、

コリコで仕草等格好良いと思うのとはまた違った格好良さを感じました( ^ω^ )

でもそれは微笑むのでなく真剣な表情が多かったと思ったから。

なので多分今日だけの感想だと思う。

個人的にはフェッテより舞台の外周をツッ、ターン ツッ、ターンと

回っていくのが好きなんですが押田ミスト綺麗で好き(*´ω`*)

もし私がミストだったら大森タガーの身振り手振り掛け声とあらゆる方法で

‘“驚いたもんだ 素晴らしいやつさ”を示されたらものすごく心強いと思う!

いつも以上に、今日だからより感じる点でした!

 

個人的にはスキンブルナンバーでシラバブの頭ワシャワシャしてじゃれあったり、

カッサに何かしてあげたくてきっかけ待ってるように見えるくらい

優しく撫でたり、

ランパスナンバーで隣にいたジェミマにスッと触れたり、

やることなすことが大変可愛らしく思えてツェザリタンブルのギャップすごい!

岩崎タンブルもタガーナンバーで見つめて雰囲気で誘って振られてたけど、

ツェザリタンブルもやっぱり唐突に立ち上がり雰囲気で誘って振られてた。

タガーに肩貸すの、

めちゃくちゃ嫌そうな顔なのにちゃんと肩乗るように支えるのが

好きなのか嫌いなのかどっちなんだと思えて好き(笑)

こう、何気なくスキンシップが多いからか

見た目格好良い感じでも可愛らしい印象がある。

相変わらずカッサがどういう存在なんだろうと思うけれど

誰とでも仲良さげな感じとても素敵!

ツェザリタンブルはタガーナンバーのレンジ上で足伸ばす仕草、

さりげないことなのだろうけど全くもって出来る仕草ではないことはすぐ分かる。

訓練の賜物。

けどそういう感想を頭から取っぱらいたいくらいシンプルにただ綺麗。

結構見逃したくないポイントです。

 

ふらふらと歩み寄ってきたグリザベラに

身体は近づいても心が近寄ることはないジェリクルキャッツ。

嘲りの目を受けてはじらい、とまどい、みじめに思っても

振り返り猫達と向き合い、何かを許すかのようにあたたかく微笑むグリザベラ。

織笠グリザの温かさが歌詞とリンクして心に刺さりました。

 

デュトロノミーナンバー、

カーバにふふふと微笑みかけるデュト様の幸福感凄いなと思った後、

デュト様にカーバが手を伸ばしすぎてころんと一回転する流れ。

新演出でカーバめっちゃデュト様好きだなぁと思ってたけど

少なくとも橋元デュトは私が思ってる以上にカーバ好きなんだなと思って

大変幸せの姿✨

 

劇中劇「さて悩ましき夏の宵」あたりで舞台と反対側の視界の端に月が見える。

親子観劇室の硝子に月が反射しているんだと気づきました🌛

舞台ではないから積極的に見る部分ではないけれど

水面に映っているような美しさがあって

そういう光景が見える席があるの素敵だなって思う。

 

今までグレートランパスキャットはグレートランパスキャットとして存在していて

ランパスキャットとは関係ない別の猫なのだと思っていました。

でもマンカスが配役し稽古したという設定の演出があると聞いて

もしやグレートランパスキャットという役だったり?と思ったところで

マキャヴィティ並の迷宮入り案件。

もしランパスがグレートランパスキャット役に配役されて意気揚々と演じてるとしたら

ランパスはちゃめちゃかわいいなと思って_(:3」∠)_ただそれだけ

ランパス=グレートランパスキャットである、

ただ犬たちは猫たちが演じるという案。

 

キャッツの曲でエビータパンフにあった音楽解説みたいなのを読みたい!

パッと読んで分からなければ調べるから読みたいなぁ!

最近になって各地にCATSを観に行ったことで

各地までの交通経路、周辺の様子など行ってみて知ったことが

とても役立っていて何に役立つか分からないものだなぁと思います。

観劇をするための旅行だから観光場所は一向に詳しくならないけど(笑)

 

今月のアルプ、佐久間さんのタガーについて呟きで感想見かけて

ずっと気になってたんだけど今やっと読んだ( * ॑꒳ ॑*)

自分は見せないからこそ気になる存在だし、

グリザがいる場でのタガーの反応がいつも気になるのは

佐久間さんが個人的な意見として話されていることがあるのかもしれない。

佐久間さんのタガー、ランパスナンバーで笑顔なの好きだなって思う(*´ω`*)

あそこでのタガー勿論怒ってたり、不機嫌でも可愛いんだけど

笑顔で明るいのもタガーらしいと感じていい〜

クリスマスカテコのタガーに似てるのかも🐟