読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』ー2015/02/12ー

ジャックの「有難き幸せ」がえええええなんでそんな尽くすの?撃たれてんじゃん!

と思う謎さを持っている…何故なのだ…

やっぱり公開アフレコで不思議に思った「なぁーいからっ」はやはり不思議であった!

あの声の発想ってどこから出てくるんだろう?

なんか素敵ですね!

ジョアンナが『恋におちたシェイクスピア』の主役の方がされているとは気づかず

パンフレット読んで知りました!びっくり!

パンフレットといえばイギリスらしさを出すという部分について

分からなかったところも書かれていたので改めて気づけて良かったかなと思いました。

刑事は良い感じの人なのになんというか凄く残念ですね~本当に。

ジョージナと組んでた人がチェっぽくてずっと気になってました(笑)

チャーリーはあああああ困った人だな~と思うんだけど

無意識に可愛いような部分があって仕方ないなぁと思えます。

愛され上手なところがあるキャラだなと思いました。

あとこれを見る前日にモスクワに一瞬いたのでおおモスクワ!とテンション上がりました(笑)

イギリスにも行きたくなりました(単純)

原作読みたいかも~♪

J・デップの声を演じる平田広明が分析する『チャーリー・モルデカイ』の魅力

http://cinema.pia.co.jp/news/165411/61479/