読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

ノートルダムの鐘-2017/03/17-

2017/03/17(金)マチネ
 
いい感じに近くて全体見えるとこ
 
 
キャストさん
カジモド
飯田達郎
フロロー 芝 清道
エスメラルダ 岡村美南
フィーバス 清水大
クロパン 吉賀陶馬ワイス

【男性アンサンブル】
鈴本 務
山田充人
大空卓鵬
賀山祐介
高舛裕一
金本和起
宇龍真吾
吉田功太郎

【女性アンサンブル】
小川晃世
久居史子
吉田絢香
原田真理

【男性クワイヤ(聖歌隊)】
白山博基
柳 隆幸
山下泰明
日浦眞矩
青井緑平
新井 克
和田ひでき
飯村泰志

【女性クワイヤ(聖歌隊)】
遠山美樹
片山美唯
千田みゆき
青栁歌奈
谷 明実
河村古都
秋山知子
杉山由衣
 
 
 
 
 
 
 
ネタバレです。
 
 
 
 
 
 
 
 
よろしいですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時々自分では趣味とはいえ書くのって大変だな〜と思うことはあるんです。
まぁだから適度に諦めてるんですけど。
横浜CATS時代の私はなんで皆さんそんなに素晴らしい観察眼お持ちなのに
ツイッターで流すだけなんだろう?留めておけばいいのに勿体無いなぁとか言ってた記憶あるんです。
いやでも実際上手くいかないことばかりで書けないことあるし、
忘れてしまうことのほうが書くより先だったりするって最近は思います。
それに観劇すれば気づくことも増えるわけですからより書きたいことも増えるし。
でもだからといってやっぱり一公演一公演愛しいなっていうのは変わらずあるわけです。
出来る限りを残したいよね、
日記は一日で終わる私がブログは年単位で続けられるのだもの、
ありがとうですよね(´^ω^`)
 
 
 
 
私、一度レ・ミゼラブル舞台で見たことあって
映画も公開されたんで観に行ったんですけど
未だにあんまり好きではないなと思うんです。
だからか分からないですがノートルダムもそんなに好きだなぁとは思わないです、嫌いかといわれるとそれも分からないけれど。
と言っても明確な気持ちがないだけです。
悲しい気もするし、そうでもない気もする、楽しかったというわけではないけれど、言うほどって気もする。
見合う気持ちがないです。
それにまだほとんど分かるという気持ちのヒットがない。
あと10年は分からないなぁと言って見るんでしょうね(笑)
分からないのために観に行く演目の一つかもしれない。
こう、よく分からない、白黒つけられないなで放置しておけることって贅沢だよね。
何にしろ中途半端の結果は求められたりするものね。
 
色が白と黒、グレーとモノトーンだから余計である。
すべてが混沌の中にあり、曖昧さに満ち溢れている。
全てが悪いって人はいなくて、誰しも良い点の一つや二つある。
同じように
全てが良いって人はいなくて、誰しも悪い点の一つや二つある。
とはいえだからと言って自分にとってどんな人かってのは別問題です。
人と人の関係になってくると一人ひとり変わってくると思うので。
ある人にとっては善、ある人にとっては悪、そういうものでは?
フロローみたく名が有名な人というのはよりその側面が大きい気がする。
信心深い方々やノートルダムのお話だとパリ市民はフロローは大体善かな?
ジプシーにとっては悪かな?
全身が白いってのは違和感を覚える。
ロード・オブ・ザ・リングの影響かもしれない。
フロローで言えば一番気になるのは白黒の分量。
弟ジェアンといるときは黒い服。
途中で位とともに真っ白に身を包む。
トプシーターヴィーの日、黒いマントをつける。
イブの林檎へ行くときは黒いマントに身を包む。
でもそもそもこの白黒つける問題は演劇らしいですよね。
白黒つかない曖昧さ、どうしたらいいのか分からない、
だからこそ仮の世界で味わうわけでね。
見方によって全てがひっくり返ってしまうのに白黒つけなければならない人々を
ただの傍観者としてこれは白か黒か?考えるだけ。
傍観者だからグレーじゃん?もいい。
 
演劇というのはハマっているものに大きく影響されるわけです。
トプシーターヴィーの太陽と月の幕、
今は私が歌舞伎の「どんつく」が気になるので
最後親方とどんつくが赤と黒の対比で踊るのを思い出す。
あれも結局明暗な気がするんだ。
 
 
キャストさん的にはあんまり変わってなかったので
ワイスクロパンを楽しみにしておりました^^
どうしてもワイスさんはJCSのアンナスイメージが強くて(https://youtu.be/6pDXMwBtVGk)
そんな感じなのかなぁと勝手に思ってしまうのですよね、完璧に先入観です。
だからすごーく格好良く綺麗な声で驚き、素敵クロパンだと思いました!
ジプシーを率いてるのは圧倒的なカリスマ性というより
見捨てないという信頼を皆から持たれているからだと思う。
凄く優しそうに見える。
 
大空さんがやっぱり気になるよね~
「カーーン」の顔すごく気になる。
前回観劇よりもワイルドさ増してて山田孝之的格好良さがありますよね。
赤いベストめっちゃ目立つからダンスしてると映えるんだもの。
 
財布掏られる人と聖アフロディージアスの方、
気になるセリフといいますかキャラ分けが気になる^^
引き出しが沢山ありますよね~あと引き込まれる。
 
金本さんの低音は何度聞いても素敵だなぁと思います。
フロローでも見てみたいなぁと思いました!
 
原田さんは私も知ってるから気づいてしまう(知ってる方の中でも一際目立つのです)
女性クロパン的率いる立場に見えるし、色々目立つとこいて
とても兼ねてるのだなぁと思いました、きちんと丁寧に分けられていて
ジプシーの妖しい魅力がよくわかると思います。
 
達郎カジモド、というよりは
達郎さんご自身があの周りをパッと華やかにされるものをお持ちですし
ソンダンやデビューラッシュ(沢山してるイメージ)で見られた多才さが生きる役ですよね。
あと最初と最後、人間と怪物を問う時の純粋にただあれる稀有さは素晴らしいですよね。
あれがあってこそ響く余韻の長さよ。
達郎カジモドはアニメのように大変強そうで力持ちにただ頷くだけです。
ガーゴイルらと歌う時は普通に唄ってるのに
途端にフロローなど人がいると話しづらそう。
自分の世界だから夢というか自分が見てる現実なんだろうなぁとか思いました。
ああいうの経験ある、自分ではこうしてるつもりだったけど
他人にはそう見えなかったみたいっていうこと。
ガーゴイルのはビリーミリガンを思い出す。
あと英雄というワードが出たからモアナ思い出して
マウイ思い出しました、親に捨てられたわけじゃないけれど
無条件の愛に飢えてるんだろうなぁと思いました。
純粋さに途中までは見た目で人を判断してはいけないとBBのようなことを思うわけですが
流石に錫を流してしまったあたりでやりすぎだと思うわけです。
ずっとカジモドにも寄れない。
 
 
芝フロローのただの悪人でなく、良かれと思ってジェアンにもカジモドにも接した優しさの側面が舞台フロローは奥深ーい。
自分の信じる道で愛した結果の報われなさは悲しみ苦しみ踊って飛び散りたい。
フロローは何が色濃く思うかといえば気持ち悪いんです。
自分の役割、立場、信じていること、信念に背きたくない思いのために
本能、本心に抗い続けているのに抗えない。
ものすごい葛藤とかそういうのあったとしても
迫り方や思考、行動がモロばれなのに体裁繕う、そういうの。
芝さんしか見てないのだけど芝さんは本能の表現がはっきりと色濃いんじゃないでしょうか?
そういえば今朝「聖☆おにいさん」読んでいてブッダのお母さんマーヤさんが
死んだ後も三か月会えたけれど初日から説教よ…って言ってた。

岡村エスメラルダはオーディション記事の最終選考者見て
選ばれたのは岡村さんだろうなぁと思っていました。
そう思ったように実際見てみてもやっぱり似合うなぁと思いました。
岡村エスメラルダの歌の感情は勿論、
酒場でのダンスの格好良さ好き!!
惹かれてしまう魔性の女、めっちゃ分かる。
こないだ書いたかな?とってもカルメン
フロローがエスメラルダに投げられたスカーフ持っているとか
誰のものにもならないで自由に生きるところとか。

フィーバスのあの自信はどこから来るの?
人生は僕中心に回ってるんかいな。
嫌いなわけではないんだけれど勘違いでは?とよく思うもので。
「君のために大切な仕事を捨てた」って私はあんまり好きな言い方ではない。
本心なのは分かるけれども人のせいっぽいように受け取れなくもない。
仕事を捨てたのは自分の選択なのでは?
君のためにと言われると何か引っかかる心地になる。
フィーバスの戦いで受けた心の疲れを取るという理由はあった方がいいですよね。
エスメラルダに名のない墓標に仲間の名前を入れる仕事?と言われた時の傷ついた表情本当に辛そう。
清水フィーバスでしか見ていないのでフィーバス=清水さんです。
 
 
間奏曲が好きだなぁ。