珈琲とmilkのパーセンテージ

苦かったり甘かったりするので無機質の筆や箱で切り取ってみる。

壽 乱舞音曲祭 夜配信-2021/01/10-

どうしても見たくなって
『壽 乱舞音曲祭』配信見ました👐

 

【原案】刀剣乱舞-ONLINE-」より (DMM GAMES/Nitroplus)

【構成・演出】茅野イサム

【脚本】伊藤栄之進

【振付・ステージング】山新之助

【主催】ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
ネルケプランニング ニトロプラス DMM GAMES ユークリッド・エージェンシー)

【出演者】
三日月宗近役 黒羽麻璃央
小狐丸役 北園 涼
加州清光役 佐藤流司
大和守安定役 鳥越裕貴
和泉守兼定役 有澤樟太郎
蜂須賀虎徹役 高橋健介
長曽祢虎徹役 伊万里 有
蜻蛉切役 spi
倶利伽羅役 牧島 輝
膝丸役 高野 洸
陸奥守吉行役 田村 心
巴形薙刀役 丘山晴己
明石国行役 仲田博喜
鶴丸国永役 岡宮来夢
御手杵役 田中涼
篭手切江役 田村升吾
桑名江役 福井巴也
松井江役 笹森裕貴
浦島虎徹役 糸川耀士郎
日向正宗役 石橋弘毅
豊前江役 立花裕大

特設ページ - ミュージカル『刀剣乱舞』 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

 

 

それぞれの物語を深く考えきれているわけではないから

気づきも少ないと感じているけれども

見たかった光景が次々と展開されていくの嬉しいなと思いました!

刀ミュ、分からない部分を調べても

それでは“知る”に過ぎないから身になるまで辛抱強く知って考えてを繰り返したい。

 

 

壽二部のどこかの蜻蛉切ジャンプのお話

今日一度見たばかりだからもう一度確認したいところではあるけれども

ふわっと左足を軸にジャンプして下手へ右足を地面と並行して伸ばしている一瞬、

私は蜻蛉さんしか見ていなかったんだけどとても綺麗だった気がする…

いやほんと綺麗だったような気がする。

舞台ではどっしり立って軸がぶれない動き方されているけれども

(私にはがっちり固めた印象に見えるという意)

前々から配信を見てもしや身体が柔らかいのでは?と思っていて

柔らかい動き見てみたかったんだけど今日で更に気になってしまった(笑)

歌ってらっしゃる姿としてはMステ見た時に伸びやかだなぁと思ったことあります。

壽はより空間が広いところだから歌に加えて

身体でも空間を広く占めてらっしゃるの素敵だなと思いましたというお話。

また見られる機会があったら嬉しいなぁと思います!

 

虎徹兄弟が揃ったお話

浦島くんも加わった虎徹兄弟が揃っている姿、

私が言うまでもなく見たいに決まっています!

それが実際に見られるのだから熱いものがありますよね

 

浦島くんはいつも心を開いていて

審神者も長曽祢さんも蜂須賀さんもとても大切で好きなのだと伝わってくるのは

晴れやかで気持ちのよいものがあります。

 

蜂須賀さんは相変わらず美人さんだから

もういるということで満たされる気持ちがあります(笑)

仕草ひとつに柔らかさがあり落ち着き気品が感じられるのがとても好き!

浦島くんへ向ける穏やかな表情は内面を体現しているようです。

 

兼さんと唄う「Drive」の長曽祢さん、歌も振りも好きなんですけども

きっと伊万里さんと長曽祢さんが合っているのだろうなと

天狼傅2020でも思いました!

2部以上の時を見ればより思うけども

スタイリッシュになる人が足を開いてより大きく見せている、

そういうところが長曽祢さんであるところなのかもしれないと思って見ています。

加えると私が好きな部分でもあります。

浦島くんに対しては新撰組の刀剣男士、蜂須賀さんとも違った

心を許して一番気負わずに兄であるのではないかと感じました。

 

舞台に立つ三人の姿と共に映像の波打ち際の三人の姿を見ることによって

見えないものが見えている・世界が広がるのはとても舞台だと感じました!

 

かわいい×かわいい

蜻蛉さんなのか、spiさんなのか曖昧なところだけれど

こんなお顔かわいらしい方が気になると思ったことないのに

えええでも気になる〜なんでや〜💦という動揺が未だにあります(笑)

今まで格好良いのにかわいいは好きだなと思っていたんです。

もう刀剣乱舞を友達から勧められた時から蜻蛉さんきっと好きだよって

言われていたんですけど

いやぁどうかなあ?と思っていた一番の理由が

お顔が可愛らしかったからです。

んんんもう認めざるを得ないけど今までにないハマり方をしてます(笑)

ほんと予想つかないことばっかだよね

そうしてこういう方が深くハマるんですよね怖いねw

 

 

 

 

これは大したことない蛇足。

ゲーム刀剣乱舞をしていると自分を知るところが多いと思う。

本当に強く感じるのは私が平均的にすることに喜びを見出しているということ(笑)

分かりやすすぎて知っていたこととはいえ自覚しなおしています。

また私自身ラッキーだと思っている身長(特別高くないけど高くないとはいえない)は

コンプレックスでもあるのか、なったのかしたんだなと感じます。

なぁなぁにしていたことに割と気づく。